読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あいどるまいどる

二次元アイドルと三次元アイドルにぷかぷかする

鑑賞会のススメ

嵐にハマってから1年にも満たない若葉マークであるが、ハマってからの期間で行ったカラオケでの鑑賞会(映画・バラエティ含む)の回数は二桁にのぼる。計算すると月に数回カラオケに行っていることとなり、ほぼ毎回同じ店舗で似たような予約手続きをするため周りから「カラオケ店の中の人では?」と言われている。今回、カラオケで鑑賞会をする楽しさについて記事を書くが先に断っておく。中の人ではありません。回し者でもないぞ。

なお、ここに書くカラオケでの鑑賞会の楽しみ方はあくまでも個人的な目線であり、当方が行った鑑賞会は現時点で17回ともアイドル(嵐16回・ラブライブ1回)を対象としたものなので私の意見は非常に偏ったものであることをご了承頂きたい。

 

 

【鑑賞会をする前に】

まず鑑賞会とはそもそもなんなのか?鑑賞“会”と言っているのだから、複数人で同じ映像作品を見ること、これをこの記事での鑑賞会の定義としたい。鑑賞会をするにあたって外せない最重要要素が2点あるわけだが、その一つが

『一緒に見る人』

である。映像作品を人と一緒に見るなんて考えられない、生理的に無理だ、という方は残念ながら鑑賞会には向いていない。やったことないけど一緒に見てみたい、という方は問題ない。私のように鑑賞会ジャンキーになる素質が十分にあるのでぜひ挑戦してほしい。

『一緒に見る人』の人選だが、様々なパターンがある。この作品が好きで友人も好きだから一緒に語り合いたい『共有パターン』、自分が好きだから友人に見てほしい『布教パターン』、前者が派生して自分も友人も見たことないものを見る『映画館パターン』もあるだろうし、後者が派生すると友人が作品どころか作品に出る人物のこともあまり知らない『はじめてのふきょうパターン』もあるだろう。もちろん全てにおいて鑑賞会は成り立つわけだが、どのパターンにも共通する事項は『長時間同じ空間にいても気楽にできる人』がよいということである。たとえ自分が発狂しても突然泣き出してもドン引きしない人が望ましい。自分と同じように作品を楽しんでくれそうな人と一緒に鑑賞会をしよう。

人数は2人から何人でも楽しめる。私は2人~5人まで経験したが、2人だと「今の○○~~」「とうとい~~」と画面見ながら会話できるし、5人ぐらいになるとかけ声も大きくなってよりライブ感が楽しめる。語りたいか盛り上がりたいかによって人数を決めるのもいいかもしれない。

 

もう一つの最重要要素は

『見る作品』

である。これがなければ鑑賞会は始まらない。バラエティ、映画、ドラマ…映像作品には多くの種類があるが、私はその中でもやはりコンサートDVDを推したい。

これは後のカラオケで鑑賞会をする利点にも関係してくるのだが、カラオケボックスは歌うことを目的とされているため音響設備がよい。家のTVよりも音に臨場感や迫力が出るのである。従って、コンサートDVDを見た時にライブ感を味わえる。また、歌うことが目的とされているが故に多少騒いでも怒られない。コール&レスポンスだってかけ声だって出来る。隣人さんからの壁ドン(萌えない方)に怯えることもない。過去にわーきゃー叫んでいる私もまだ出禁になっていないので保証できる。もちろん、過度な大騒ぎに関しては保証できないので理性は頭の片隅に置く必要があるが、コンサートDVD見ながらウォウウォウイェイイェイ出来る空間はなかなかないため、イチオシとする。

ではコンサートDVDの中でもどんな作品がよいか?についてだが、これは一緒に見る人に左右される。自分と同様にコアなファンであれば見たことない昔のコンサートでも盛り上がってくれるだろうが、初心者だと「わあすごい」で終わってしまう可能性がある。せっかくの布教のチャンスが空振りしてしまうのはもったいないので、布教するなら相手の知っている曲が多いセットリストの年にするか、近年のものを選ぶのが無難だろう。決める前に「どんな曲知ってる?」など話し合うのがDVDの決定に一番の近道だ。絶対の正解はないので、相手の反応を想像しながら選ぶのもまた楽しみの一つである。

 

【鑑賞会をしよう!】

さて、見る人と作品が決まったのならば次は日程と場所を決めなければならない。普通にカラオケをするならば「今からカラオケ行かない?」「行く~!」でもいいのだが、鑑賞会はそうはいかない。DVDを用意せねばならないのだから、事前に場所と日にちを確保しておかなければならないのである。

場所だが、カラオケならばどこでもよいというわけではない。DVDを再生できる場所、つまりDVDプレイヤーを貸出・設置しているカラオケ店は限られている。「○○(地元の県名) カラオケ DVD」などと入れて検索をかけたらそういったサービスを行っているカラオケ店が見つかると思うので、前もって調べておこう。

日程のオススメは平日昼だ。無論、一番安く入ることが出来るからである。カラオケ行くって言ってる時点で金かかるの分かってんだから今更だろと思われるかもしれないが、安いに越したことはないし、平日の昼は一番空いている時間帯なので部屋の確保がしやすい。店舗もそうだがプレイヤーにも限りがあるので、1週間前くらいに日程を決めて予約しておくのがベストだろう。休日や夜を狙うならもう少し早いほうがいいかもしれない。人数が多ければ多いほど日程は合わせづらいと思うので、早め早めに決めておこう。

予約方法もいろいろあるが、一番確実で早いのは電話だ。店員さんが電話に出てくれたら予約をしたい旨を伝え、店員さんの質問に答えていけば予約は成立する。とってもカンタン。日にち、人数、時間をきっちり伝える。機種はこだわりがあるなら選んでもいいが、機種とプレイヤーの都合が折り合わないこともあるのでなければ特にないと答えれば良い。そして最後にこう聞かれるだろう、「何かご希望はありますか?」。迷わずにこう答えよう、「DVD(もしくはBlu-ray)が再生できる部屋でお願いします」。これをちゃんと伝えておけば当日、プレイヤーが設置された部屋に通されるかプレイヤーを設置しにきてくれる。この一言だけは忘れずに伝えよう。

 

【用意するもの】

DVD

忘れたらその日は鑑賞会ではなくカラオケ会になってしまう。絶対に忘れてはいけない。再生できるか不安な時は前日までにチェックしておく。

くつろげる服装

鑑賞会は出会いの場ではない。気を遣う服装で来たら最後、後悔する。長時間着ても問題ないものを選んだほうがいい。

ペンライト

あったら盛り上がるグッズ。持ち寄ると自分のがどれかわからなくなるかもしれないので、区別がつくように。

飲食物

鑑賞会は体力を消耗する。持ち込めるところなら持ち込む、持ち込めないならドリンクや食べ物を注文しておこう。最悪死ぬ。

元気な体(最重要)

もう一度言うが鑑賞会は体力を消耗する。超絶元気な状態で行っても帰りは満身創痍になる。マジで死ぬ。万全の体調で臨もう。

 

【鑑賞会じゃ!】

準備ばっちり万全の体勢できたら後は楽しむだけだ。前述したように、鑑賞会にはいくつもの形態があるし楽しみ方もバラバラである。人によっても作品によっても、はたまたその日のテンションによっても楽しみ方は変わる。だから正解はない。一緒に見ているものを全力で楽しもう!これだけである。お店のルールはしっかり守って楽しんでください。

 

では総括に、カラオケで鑑賞会をするメリット・デメリットを挙げる。

【カラオケで鑑賞会をするメリット】

・気にせず大きな声を出せる、わいわい楽しめる

・音響設備がいい

・時間が余ったらカラオケに突入できる

まとめると、声を出せる空間を最大限に活かせる、といったところだろう。

 

【カラオケで鑑賞会をするデメリット】

・お金がかかる(1回に1000円前後)

・事前の準備(日程・予約など)が必要

場所を借りるため、やはりお金はかかってしまう。予約なども必要なため、そう頻繁には出来ないのがデメリットだろうか。月2回ペースの人間に言われても説得力はないだろうが。それだけ楽しい、あまり負担にはならないという無茶苦茶な結論で締めさせていただこう。

 

 

長々となってしまったが、カラオケでの鑑賞会の楽しさが少しでも伝われば幸いである。一度やってしまえばなんのこっちゃない楽しい遊びなので、誰かと一緒に楽しみたい作品があれば鑑賞会に臨んでほしい。そしてカラオケでの鑑賞会がポピュラーなものになってくれればと思う。違います。回し者ではありません。